デジタルフォト

デジタルカメラによって撮影された写真のこと。デジタルフォトは、 Web用に使うのに最適なツールとして普及してきた。プリンターで出力して、普通の写真としても楽しめるようになった。ただし、印刷に使うには解像度が低く、粒子が荒れてしまうので、適してはいなか った。デジタルカメラのバージョンがかなりアップし、 300 万画素を越えるものも珍しくなくなった。高級なものだと600~1000万画素というものも、かなり安価になってきている。 300万画素以上のも のは、小さいサイズなら印刷にも使用できる。デジタルフォトのメリ ッ卜は何といっても、デジタル加工ができることである。不必要なものを除いたり、色昧を変化させたり、合成したりということが容易にできる。そのため、これからはデジタルカメラによる写真も大いにチラシに使用されていくだろう。

写真の撮り方

写真は光と影によって形を伝える。撮影時の照明(ライティング)は極めて大切である。また、光の色によっても微妙に雰囲気が変化する。自然光でもそれは同じで、午前中の光と午後の光では色味が異なって写る。まず基本的には、光の性格を知っておくことが求められるのである。写真にはフィルムを使うカメラとデジタルカメラがある。フィルムを使うカメラは、印画紙上で、微細な粒子によって画像が作られている。そのためかなり拡大しでも粒子が荒れることがない。そこがデジタルカメラの弱点であった。 最近では1000万画素を超えるデジタルカメラも市販されるようになり、かなりのサイズの印刷物に対応できるようになってきた。もちろんホームページを作る時は、解像度が低くてもかまわないので、300 万画素級のデジタルカメラで十分である。しかし、印刷物の場合は、画像の表現の方式が違うため拡大するようなものには適していない。小さいサイズの場合に限り、デジタルカメラを使用するとよい。デジタルカメラは画像処理や加工ができるため、今後さらに印刷物に適したデジタルカメラが開発されていくと思う。チラシの写真を撮る場合、情感(雰囲気)を撮る場合と、そのものを撮る場合とがある。これはイラストレーションの描き方とほぼ一緒である。雰囲気が必要な場合には、その場の空気といったものも感じさせなければならない。しかし、そこに映し出されているものが 細密である必要はなく、あくまでもイメージが伝わればいい。 そのもの(商品など)を撮る時は、変わったアングルで撮るよりも、普通の回線で見た状態を撮ることが基本である。そのものをじっくり見たい 時に、アート性の強い爆り方をされると、人は物足りなさを感じてしまうからだ。