Uncategorized

書体

和文で多く用いられる「明朝体」や「セリフ体」といった書体は、一般的に、権威的な雰囲気や、歴史的な印象、また品格というものを与えると言われているようです。これらは、文字の太さなどによっても印象が変わってくるとされ、チラシデザインにおいては、とても重要なものであると考えられるのではないでしょうか。明朝体やセリフ体というのは、線の右端に飾りがみられる書体の総称で、横線より縦の線の方が太いのが特徴と言えるでしょう。この特徴のため、全体的にシンプルな印象を与え、小さい文字でも読みやすさが高いと言えるでしょう。その効果を利用し、新聞や教科書といったように、多くの「長文」が載る印刷物にむいているとされているようです。このように、それぞれの書体には特徴や向き不向きというのがあるとされ、作成するチラシイメージによって使い分けができることが望ましいと言えるでしょう。チラシだけでなく、日常にあふれるあらゆる印刷物などを日頃から意識してみてみると新しい発見やアイディアが浮かんでくるかもしれませんね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *