Uncategorized

情報伝達のキホン

チラシデザインを考えるとき、どうしても一番に取り組みがちなのは、写真や色遣いといった部分ではないでしょうか。しかし、チラシの本来の働きは「情報伝達」と言えるでしょう。チラシを手にした人に「良い印象」とともに、興味をもってもらえるように「情報を伝える」ことがチラシの本来の働きでしょう。このためには、色遣いや写真選びと同様に「文字」と「書体」の選択が重要になってくると言えるでしょう。そのため、制作を開始する前に、一番に伝えたい内容や、どう思ってもらいたいかといった点を確認し、的確な選択をできる準備も必要でしょう。文字や書体が伝達する印象というのは、チラシの印象を大きく左右する重要な選択であり、これこそ何度も何度も組み合わせたり変更してみたりといったことを繰り返し、より素敵に、かつ、より読みやすく仕上げていくことが望ましいと言えるでしょう。文章が変わらなくても、フォントでの変化はとても効果的であり、それによって色彩も調整できるようになるとより良いチラシを作製できるといえるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *