Uncategorized

文字のジャンプ率を活用しよう

まず、文字のジャンプ率とは、「本文のサイズ」に対する「タ イトル」「見出し」「キャプション」の大きさの比率のことを指します。この比率をうまく活用することで見る人(ターゲット)を引きつけるものを作ることが出来ます。

文字のジャンプ率が高いデザインでは、タイトルや見出しなどを大きくし、視線誘導に優れた仕上がりになるため、紙面を眺めるだけで、受け手に情報を伝えることができます。この手法は瞬時に情報を伝えたい広告や雑誌、PO Pで頻繁に利用されています。ジャンプ率の高いデザインは、インパクトを与えるのに効果的な方法ともいえます。逆に、文字のジャンプ率が低いデザインでは、ゆったりとした印象になるため、読み手に「高級感や信頼感」「上品で説得力がある」「知的で堅い」といったイメージを与えることができます。時聞をかけてゆっくりと読んでほしい書籍やカタログ、DM、挨拶文などに向いているといえます。

写真・図版のジャンプ率についてもお話ししておきます。複数の写真や図版があり、かつそれらに優先順がある場合は、優先順位の高い写真を大きく配置することで訴求ポイントが明確になります。また、ジャンプ率を高くすると、読み手の視線をコントロールすることも可能になります。また、ジャンプ率を考える際、感覚で調整する場合もありますが、「等差」「等比」「数式」などを基準に考えていくのも1つの方法です。感覚がわからないときの参考にすると良いかもしれませんね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *