Uncategorized

ラブレターを書くように

成功するチラシには、たった 1つだけ“共通項”があります。
さて、それは何でしょうか?
それは 、「その商品・サービスのためだけに設えられたチラシである」ということ。
言ってしまえば、オリジナルであることです。ひとつひとつ異なる内容の商品やサービス
には、必ずピッタリとフィッ卜するチラシの作り方があり、それこそがチラシの魂です。よく、仏像に関して、仏作って魂入れずなんていう表現を耳にしますが、まさにそれ。
その商品サービスに対して、最もふさわしい内容であるかどうかということを考え抜いて作られたチラシだけが成功するのです。つまり、焼き直しではうまくいくはずがないんです。
考え抜かれたチラシには、作った人の“意思”が宿り、魂の入ったものになります。
「こんな人に知ってほしい」「こんな風に受け取ってほしい」「ここを知ってほしい」「こんな人の役に立ちたい」「こんな人とチラシを介して出会いたい」「こんな人には無関係」
そんな、制作者の“意思”が宿ったチラシだけが、読み手の心を捉え、商品やサービスと見込み客との、「適正な出会い」を生み出すのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *