ダダイズム

タダイズムは、20世紀の初頭(1920年)に起きた芸術運動。シュールレアリズムと共に、その後の芸術に大きな影響を与えた。 ダダイズムは、第一次世界大戦のさなか、ヨ ロッパ各地で反芸術運動であった。過去の芸術や文化を徹底して否定するところから始まった。多くの詩人や画家達が参加した。ダダという言葉自体には意昧はなく、戦争を否定し、人間性を復活し、これまでの価値を見直すことが運動の中心になって いた。

先駆者としてデュシャン、ピカビア、エルンストらが活躍した。

ダダの特徴は、コラージュや写真の新しい表現、フロッタージュ(紙を載せゴシコシ鉛筆でなするといった技法)など、既成の技法にとらわれない自由な表現を行った。画材には決まった描き方などない、という自由な発想から生み出された作品の多くは、その後のデザインにも大きな影響を与えた。

広がり

チラシにおける重要な見せ方には、2つの方法がある。広がりと集中は、レイアウトの作業を進める時、常に意識しなければならないものになっている。広がりとは、限られた画面を大きく見せることである 。同時に見る人に、開放感を与え気分的に楽しくさせる。この場合の、画の考え方は、ある風景の中から、その場面を切り抜いてきたことを意味している。連続している場面を潜在的に認識するという心理的な効果を利用している。広がりの見せ方は、両側に罫線や写真を置いて壁を作らないようにすることである。人間の目は水平位置に2つ付いている。そのため両側に壁があると、ちょうど視野(水平視 野)がさえぎられたように認識し、狭いと感じてしまうのである。